実はこれもシミだった⁉シミの種類

シミの種類は大きく分けて4つに分類されます。
それぞれできる傾向が分かってきているので、その中からあなたのシミを特定してみましょう。

外に出ることが多い方は…日光黒子

多くのシミがこのタイプ。淡褐色~濃褐色の斑点で、広範囲にできます。特に中年以降に増えるようになります。

小さい頃からある・家族にも同じようなシミがある方は…雀卵斑

3歳頃から出てくる、いわゆるソバカス。直径数ミリ以下の丸い斑点が頬や鼻の周りに多く出ます。

「火傷やニキビ跡にできた」という方は…炎症後色素沈着

火傷やニキビ、かぶれによる炎症が治った後に生じるシミ。時間とともに徐々に薄くなるケースが多いです。

妊娠した、経口避妊薬を服用した・頬に左右対称にできているという方は…肝斑

妊娠や経口避妊薬の服用で発症する為女性ホルモンに関連していると言われています。やや大きく頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴。

これらから見てみると、ソバカスを除くとやはりシミが出来る大きな原因は「加齢・紫外線・ホルモンバランス」
加齢や紫外線などが原因で、さらにお肌の保水力が失われていくと、よりシミが出来やすい環境を作り出していくのでより保湿がポイントになってきます。

シミについての基礎知識

シミケア化粧品の選び方

調査概要

  • 調査企画:日本マーケティングリサーチ機構
  • 調査概要:2019 年 5 月期_インターネット調査
  • 調査手法:インターネットでのアンケート調査
  • 調査期間:2019 年 5 月 1 日~2019 年 5 月 24 日
  • 調査対象:10代〜70代の男女
  • 母集団:810名
  • 居住地:北海道,京都府,青森県,大阪府,兵庫県,宮城県,奈良県,和歌山県, 山形県,福島県,茨 城県,岡山県,栃木県,広島県,群馬県,山口県,埼玉県,徳島県,千葉県, 香川県,東京都,愛媛県, 神奈川県,高知県,新潟県,福岡県,富山県,佐賀県,石川県,長崎県, 山梨県,大分県,長野県,岐 阜県,鹿児島県,静岡県,沖縄県,愛知県,三重県,滋賀県